サンフレッチェ広島 - サッカー

サンフレッチェ広島

J内定2名擁する青森山田が国見以来の選手権2連覇を狙う

昨年度はGK廣末陸(FC東京)、MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉)らを擁し、プレミアリーグWEST王者のサンフレッチェ広島F.Cユースとのチャンピオンシップ(レポート)を制すと、その後行われた全国選手権でも初優勝を果たし全国2冠に輝いた。 2017年シーズンの青森山田は全国総体では3回戦敗退。選手権予選では、 ...2017年12月12日 | サンフレッチェ広島

ジュビロ磐田MF川辺駿、サンフレッチェ広島へ復帰「J1で活躍できるという自信を確信に変えた」

ジュビロ磐田は12日、サンフレッチェ広島から期限付き移籍で加入していたMF川辺駿が、期限付き移籍期間を満了。2018年シーズンから広島に復帰すると発表した。同日、広島も川辺の復帰を発表した。 川辺は広島県出身の22歳。広島の育成組織を経て、2013年からトップチームでプレーしていた。2015年から広島に期限 ...2017年12月12日 | サンフレッチェ広島

川辺駿の広島復帰が決定…磐田での3年で103試合出場「自信を確信に」

ジュビロ磐田は12日、MF川辺駿の期限付き移籍期間が満了し、サンフレッチェ広島に復帰することが決まったと発表した。 川辺は1995年生まれの22歳。広島の下部組織出身で、2013年にトップチームへ昇格した。2015年からは磐田へ期限付き移籍で加入し、3シーズンで公式戦103試合に出場。今季は明治安田生命J1 ...2017年12月12日 | サンフレッチェ広島

広島、生え抜きMF川辺駿の復帰を発表。磐田で成長「J1で活躍出来る自信が確信に」

J1リーグのサンフレッチェ広島が12日、ジュビロ磐田に期限付き移籍していた22歳のMF川辺駿の復帰を発表した。 広島の下部組織で育った川辺は2013年にトップチームへ昇格。ただ、出場機会は少なく2015年に当時J2の磐田へ期限付き移籍した。徐々に出場機会を増やすとシーズン終盤には主力に定着。加入1年目は33 ...2017年12月12日 | サンフレッチェ広島

森保ジャパン、4-0快勝で順位決定戦へ、先制点は長沼洋一

U-20日本は12月11日、タイのブリラムでU-23北朝鮮と対戦。1-2のスコアで敗れた9日のU-23タイ戦から先発10人を入れ替えての一戦は前半5分、森保監督の”教え子”、MF長沼洋一(サンフレッチェ広島から8月、モンテディオ山形へ期限付き移籍)が先制ゴール。その後は代表経験ゼロのFW上田綺世(法大)の2 ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

【求人掲載】広島から世界に一つだけの住宅を。ご家族の幸せを願い、夢を創る仲間を求む!

広島県は他県と比べて、地場に密着した住宅メーカーが数多くあり、注文住宅のニーズはかなりあるのではないかと感じています。そのような状況下で、注文 ... 例えば、2011年からサンフレッチェ広島のサッカースクールを継続して開催しています。2014年には竹原市にグリーンスカイホテル竹原を建設。経営はグループ会社が ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

熊本、織田秀和氏のGM就任を発表…17年末に広島の社長を退任

ロアッソ熊本は11日、ゼネラルマネージャー(GM)に織田秀和氏が就任することが決まったと発表した。 織田氏は1961年生まれの56歳。2004年4月から株式会社サンフレッチェ広島にて取締役強化部長を務め、2015年2月からは代表取締役社長の座に就いている。今年12月31日付での退任がすでに発表されており、熊本で ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

好不調の「波」から見る2017年Jリーグ。データが可視化したチームの「勢い」と「安定感」

そのうちシーズン途中で監督を交代したのはサンフレッチェ広島、新潟、大宮アルディージャ。 絶不調だった広島は7月に森保一監督が退き、ヤン・ヨンソン監督が就任。チーム状態は上向き、終盤戦はより鮮やかな赤色が多くなった。監督交代に一定の効果があったと言えるが、逆に難しかったのは新潟。5月に呂比須ワグナー ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

浦和のもったいない敗戦 なぜ中東クラブに“いかにも”な負け方をしたのか?

今回のようにアジア王者が開催国王者であるJクラブと対戦したケースも2度あったが、2012年には蔚山現代を、2015年には広州恒大を、いずれもサンフレッチェ広島が破っている。 だとすれば、立場が逆になった今大会でJクラブが数々起こしてきた番狂わせ(ここまで説明してくると、そう表現するのもはばかられるが)を浦和 ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島とともに25年以上を過ごした織田秀和氏はロアッソ熊本GMに就任

ロアッソ熊本は12月11日、ゼネラルマネージャーに織田秀和氏(56)の就任が決まったことを発表した。 サンフレッチェ広島の母体、マツダサッカー部時代からJリーグ誕生とその後、イコールサンフレッチェ広島の歴史を現場と背広組で見守ってきた織田氏は12月31日をもってサンフレッチェ広島の代表取締役社長を退任し、 ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

広島から期限付き加入の大谷尚輝、町田へ完全移籍「もっと成長できる」

サンフレッチェ広島から期限付き移籍中のDF大谷尚輝が、FC町田ゼルビアへ完全移籍で加入することが決まった。両クラブが10日に発表している。 大谷は1995年生まれの22歳。広島のジュニアユースとユースを経て2014年にトップチームへ昇格した。2015年にはロアッソ熊本への期限付き移籍も経験。2016年途中から ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

【ライターコラムfrom仙台】“Be STRONG”の道はまだ続く…2017年の仙台が掴んだものとは?

サンフレッチェ広島や浦和レッズで似たシステムを経験してきた彼にしても、経験を落としこむことと、仙台独自の動き方の中で自分自身を生かすことの両方において、最初は試行錯誤していた。しかし石原が周囲とイメージを合わせるべく地道に対話を重ねたり献身的なプレーで示したりしたように、プレーした全員の努力で、少し ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

ロアッソ熊本 GMに織田氏就任の見通し

サッカーJ2のロアッソ熊本は新たにGM職を設け、J1・サンフレッチェ広島・社長の織田秀和氏が就任する見通しがわかりました。織田氏は広島市出身の56歳で、サンフレッチェ広島の前身となるマツダでプレーした経験があり、クラブ創設からチームの強化に携わり、2015年から今シーズンまで社長を務めていました。ロアッソ ...2017年12月11日 | サンフレッチェ広島

東京五輪代表に残るのは誰か。 森保ジャパンのサバイバルが始まった

地元タイとの初戦は49分にGK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)のキャッチミスによって先制され、3分後に神谷のミドルシュートで追いついたものの、64分にアーリークロスから相手選手に抜け出され、1−2で敗れた。 森保ジャパンは2年半後の東京五輪に出場する、いわゆる五輪代表チームである。 このあと、年明け1月に ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

初陣に見えた「森保イズム」 試合中に代名詞の3-4-2-1から4-4-2に変えた意図とは

大会前から新たな戦術や新たなシステムにトライしてほしいと語っていた森保監督は、タイとの一戦でサンフレッチェ広島時代から慣れ親しんだ3-4-2-1システムを採用。短い期間のなかで確認した後方からのビルドアップや個々のポジショニングなど、試合をこなしながら成長していく場面が見られた。 そのなかで驚きだったの ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

ヴィッセル神戸U-18がWEST制覇

優勝争いは、勝ち点で並ぶヴィッセル神戸U-18(兵庫)とサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)に絞られていたプレミアリーグWEST。首位のヴィッセル神戸U-18はDF前川智敬の決勝ゴールにより6位の阪南大高(大阪)を1-0で撃破。一方、サンフレッチェ広島F.Cユースも8位の神戸弘陵(兵庫)に1-0で勝利。この結果、得失点差 ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

DF大谷尚輝が町田へ完全移籍「もっと成長できる」

サンフレッチェ広島は10日、J2のFC町田ゼルビアに期限付き移籍しているDF大谷尚輝(22)が完全移籍すると発表した。 大谷はクラブを通じて「スクールからの生え抜き選手として、広島で活躍したい気持ちは強く持っていましたが、このタイミングで移籍することが大事だと思い、決断しました。僕は、これからもっともっと成長 ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

町田DF大谷がネット上で話題、広島から完全移籍

J2のFC町田ゼルビアは10日、J1サンフレッチェ広島からDF大谷尚輝(21)を完全移籍で獲得したと発表した。大谷は町田を通じ「来シーズンも町田でプレーすることになりました。今シーズンは怪我もあった中で試合に使ってもらい、自分はこれからまだまだ成長できると自信を取り戻せたシーズンになりました。来シーズンから ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島、大谷尚輝はFC町田ゼルビアへ完全移籍

スクールからの生え抜き選手として、広島で活躍したい気持ちは強く持っていましたが、このタイミングで移籍することが大事だと思い、決断しました。僕は、これからもっともっと成長できると思っています。広島で一緒にプレーした選手達に追いつき追い越せるように、町田で頑張りたいと思います。今後も僕のことを気にかけてくれ ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

森保ジャパン、黒星発進…国際親善試合M-150杯(タイ)

タイのプリラムで12月9日、国際親善試合M-150杯が開幕した。 森保一監督率いるU―20日本代表はU―23タイ代表と対戦して1―2で敗れた。 後半4分に先制され、7分にMF神谷優太(湘南ベルマーレ)のミドルで追いついたが、同19分に勝ち越しを許した. サンフレッチェ広島時代と同じ3-6-1のシステムで臨んだ初戦 ...2017年12月10日 | サンフレッチェ広島

森保一監督、U-20日本代表の初陣飾れず。M150杯初戦で開催国タイに1-2敗戦

現地時間9日にM-150カップ グループステージ第1節の試合が行われ、U-20日本代表は開催国のU-23タイ代表と対戦。 森保一監督の初陣となる今回の試合には、松本泰志(サンフレッチェ広島所属)や菅大輝(北海道コンサドーレ札幌所属)、大南拓磨(ジュビロ磐田所属)などが先発出場を果たした。 試合開始して49分、 ...2017年12月09日 | サンフレッチェ広島

「サンキュー」 浦和DF槙野が激励に感謝、「会いに来てくれた」元Jリーガーとは?

UAEで行われているFIFAクラブワールドカップ(W杯)に出場するアジア王者の浦和レッズは、9日(現地時間20時30分/日本時間10日1時30分)の準々決勝で開催国代表のアルジャジーラ(UAE)と対戦する。浦和にとって大会初戦となる試合に向けて調整を進めていたなか、元Jリーガーがチームの激励に訪れたようだ。2017年12月09日 | サンフレッチェ広島

広島皆実が優勝!2位に瀬戸内

第17節までを終え、首位から4位までの勝ち点差「2」のプリンスリーグ中国。首位のサンフレッチェ広島ユースセカンド(広島)は5位の作陽(岡山)と対戦したが0-1で敗れた。2位の広島皆実(広島)は7位の岡山学芸館(岡山)と対戦し1-1のドロー。3位の立正大淞南(島根)と同じく優勝を目指す4位の瀬戸内(広島)の一戦は3-2で ...2017年12月09日 | サンフレッチェ広島

元日本代表ストライカー久保竜彦氏とE-1展望! “ドラゴン”最注目の選手とは/日本サッカー応援ウィーク ...

注目選手にはサンフレッチェ広島時代の同僚である「髙萩洋次郎」の名前を挙げ、「『そこ見とったか』と思うパスが来た。センスを感じた選手の一人」と絶賛した。 番組後半では日本代表のストライカーとして活躍した久保氏のキャリアを振り返った。キャリア晩年はケガに苦しみ、惜しくも出場は叶わなかったワールドカップについて ...2017年12月09日 | サンフレッチェ広島

清水、元韓国代表DFソッコ獲得 近日中に正式契約

清水エスパルスが、元韓国代表DFファン・ソッコ(28)を獲得することが、8日までに分かった。クラブ関係者が明らかにした。古巣のサンフレッチェ広島など複数Jクラブが獲得に名乗りを上げていたが、清水に決めたという。既に来日しており、近日中に正式契約を結ぶ見通し。 ファン・ソッコは身長183センチで、主にセンター ...2017年12月09日 | サンフレッチェ広島

4チームが優勝を目指す!9日にいよいよ最終節

首位のサンフレッチェ広島ユースセカンド(広島)は5位の作陽(岡山)との一戦。2位の広島皆実(広島)は7位の岡山学芸館(岡山)と、3位の立正大淞南(島根)は ... なお、プリンスリーグ中国のプレミア参入戦出場枠は「2」となっており、プレミアリーグ所属のセカンドチームは参入戦には出場できないため、サンフレッチェ広島 ...2017年12月09日 | サンフレッチェ広島

浦和が初体験する「アウェーのCWC」。 開催国枠とアジア王者の立場の違い。

さらに、'11年には柏レイソルが4位、'15年にはサンフレッチェ広島が3位、'16年は鹿島アントラーズが準優勝と、Jリーグ勢の活躍が目立ってきた大会でもある。しかし、先に挙げた2チームと異なるのは、これが開催国枠での出場だったということだ。 例えば、昨年の鹿島が決勝戦まで進出して欧州王者レアル・マドリーと延長戦 ...2017年12月08日 | サンフレッチェ広島

浦和と本田圭佑が出場のクラブW杯展望 レアルとの“ガチンコ勝負”の見どころは?

それ以前の大会でも、浦和レッズ、ガンバ大阪、柏レイソル、サンフレッチェ広島がヨーロッパ王者や南米王者に挑み、好ゲームを展開した歴史がある。 ただし、過去にJクラブがこの大会に出場したのは、その多くが開催国枠でのものだった。AFCチャンピオンズリーグを制し、アジア王者として出場したのは2007年の浦和 ...2017年12月08日 | サンフレッチェ広島

【ライターコラムfrom広島】ついに訪れた転換期…“金属疲労”で下位低迷もJ1残留を掴み取る

つまり、1勝1敗の方が2分けよりも勝ち点数が上だという単純な算数の結果として、サンフレッチェ広島は来季のJ1参加権を獲得したのである。 ターニングポイントとなったの ... 広島がペトロヴィッチ・森保両監督からずっと保持し、展開してきたサッカーが、ヨンソン監督の用兵によって再び表現できるようになった。それが現実だ。2017年12月08日 | サンフレッチェ広島

【ライターコラムfrom広島】ついに訪れた転換期…“金属疲労”で下位低迷もJ1残留を掴み取る

わずか勝ち点1。16位ヴァンフォーレ甲府とは敗戦数で一つ下回ったものの、勝利の数では上回った。つまり、1勝1敗の方が2分けよりも勝ち点数が上だという単純な算数の結果として、サンフレッチェ広島は来季のJ1参加権を獲得したのである。 ターニングポイントとなったのが、第19節から監督に就任したヤン・ヨンソン監督の ...2017年12月08日 | サンフレッチェ広島

年別アーカイブ