個人メドレー - 競泳・水泳

個人メドレー

プレミアムウォーター株式会社『KOSUKE KITAJIMA CUP 2019』に協賛 世界の舞台で活躍する「第2の ...

個人メドレー 200m/400m. 主な出場予定選手:萩野公介/中村克/小堀勇氣/金子雅紀/坂井聖人/松元克央. 池江璃花子/大橋悠依/青木玲緒樹/ ...2018年11月14日 | 個人メドレー

【競泳】ワールドカップ第6戦・東京大会全種目メダリスト結果

▽100m個人メドレー[1]V・モロゾフ(ロシア)50.26◎短水路世界タイ[2]藤森 太将(日本/木下 ... ▽400m個人メドレー[1]萩野 公介(ブリヂストン)4.01.932018年11月13日 | 個人メドレー

W杯 第6戦 池江、女王降し日本新 100バタ、55秒31

女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が日本記録を更新する2分5秒29で2位。優勝はカティンカ・ホッスー(ハンガリー)で2分4秒65。2018年11月12日 | 個人メドレー

渡辺が専門外の個人メドレーで3位に入る!

競泳のワールドカップはついに最終日。男子400メートル個人メドレーに出場した渡辺一平(スポ4=大分・佐伯鶴城)と竹内智哉(スポ2=神奈川・湘南工大付) ...2018年11月12日 | 個人メドレー

男子400個人メドレー 萩野、人生初の“朝決勝”も難なくV

男子400メートル個人メドレーで萩野はエントリータイムが上位8人から漏れたため、タイム決勝(一度だけ泳いでタイムで順位を決める方式)の4組に出場した。2018年11月11日 | 個人メドレー

女子200個人メドレー 大橋、連夜の日本新で2位に歓喜

女子200メートル個人メドレーで大橋が2分5秒29で2位となった。池江の持つ日本記録を0秒12更新。リオ五輪金メダリストのホッスー(ハンガリー)に0秒28差で ...2018年11月11日 | 個人メドレー

池江、100バタ世界女王に初勝利「びっくり、実感湧かない」

男子400メートル個人メドレーの萩野公介(24=ブリヂストン)は人生初の“午前決勝”に臨み4分1秒93で優勝した。 自身の持つ日本記録を0秒33塗り替え世界 ...2018年11月11日 | 個人メドレー

池江璃花子「本当にビックリ」100バタフライ世界女王ショーストロムに“初勝利”

今大会は100メートル個人メドレー、50メートルバタフライを含め1勝2敗。「イケエは素晴らしいレース展開だった。次で挽回したい」と絶対女王も脱帽した。2018年11月11日 | 個人メドレー

池江、五輪女王から初金星 本命100メートルバタで日本新

同200メートル個人メドレーは大橋悠依(23)=イトマン東進=が2分5秒29の短水路日本新で、世界女王のカティンカ・ホッスー(ハンガリー)に続く2位に入った。2018年11月11日 | 個人メドレー

女子100バタの池江、短水路日本新でV!ショーストロムに初勝利/競泳

男子400メートル個人メドレーは萩野公介(24)=ブリヂストン=が4分1秒93で優勝し、女子200メートル個人メドレーの大橋悠依(23)=イトマン東進=は2分5 ...2018年11月11日 | 個人メドレー

<競泳>池江が自身の日本記録塗り替え優勝 女子100バタ

女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が日本記録を更新する2分5秒29で2位に入った。優勝はカティンカ・ホッスー(ハンガリー)で2分4秒65。2018年11月11日 | 個人メドレー

競泳:池江が自身の日本記録塗り替え優勝 女子100バタ

... メートルバタフライで18歳の池江璃花子が自身の日本記録を塗り替える55秒31で優勝した。男子400メートル個人メドレーは萩野公介が4分1秒93で制した。2018年11月11日 | 個人メドレー

大橋、連日の日本新 女子200個メでも更新「手応えを感じる」/競泳

短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会最終日は11日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子200メートル個人メドレーの大橋悠 ...2018年11月11日 | 個人メドレー

笑顔の大橋=競泳W杯

画像:笑顔の大橋=競泳W杯. 女子200メートル個人メドレーで短水路日本新記録をマークして2位に入った大橋悠依=11日、東京辰巳国際水泳場. 時事通信社.2018年11月11日 | 個人メドレー

力泳する大橋=競泳W杯

女子200メートル個人メドレー決勝で力泳する大橋悠依(奥)=11日、東京辰巳国際水泳場【時事通信社】. 関連記事. 〔写真特集〕競泳 池江璃花子 · 〔写真特集〕 ...2018年11月11日 | 個人メドレー

大橋悠依、日本新も女王ホッスーに及ばず「悔しい」

女子200メートル個人メドレーで大橋悠依(23=イトマン東進)が2分5分29で2位に入り、池江が持つ日本記録を持つ0秒12更新した。 優勝したホッスー( ...2018年11月11日 | 個人メドレー

池江、日本新で優勝=大橋は200個メ2位-競泳W杯

女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分5秒29の短水路日本新記録で2位に入った。男子400メートル個人メドレーは萩野公介( ...2018年11月11日 | 個人メドレー

池江が日本新で100バタV、五輪女王破る 競泳短水路W杯

男子400メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が4分1秒93で優勝し、女子200メートル個人メドレーの大橋悠依(イトマン東進)は2分5秒29の短水路 ...2018年11月11日 | 個人メドレー

萩野が初の「午前組」 世界一早い東京五輪対策!?

タイム決勝となった男子400メートル個人メドレーで午前の4組目に登場。4分1秒93の同組1着だった。 タイム決勝は選手が1度だけ泳いで、そのタイムで順位を ...2018年11月11日 | 個人メドレー

池江璃花子が個人メドレー予選15位 キャップ脱げそうになり苦笑

池江は、その後に出場した200メートル個人メドレー予選では2分15秒67で15位に終わった。平泳ぎの際にシリコンキャップが脱げそうになったといい、「普段 ...2018年11月11日 | 個人メドレー