原発事故避難、国の責任認める 京都地裁、全国3例目

原発事故避難、国の責任認める 京都地裁、全国3例目

2018年03月15日 | 京都サンガF.C.

東京電力福島第1原発事故の影響で福島県などから京都府内に避難した57世帯174人が、東電と国に約8億5千万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が15日、京都地裁であった。浅見宣義裁判長は国と東電の賠償責任を認めた。 全国で約30件が係争中の集団訴訟のうち、国家賠償を求めた判決は4件目。関西では ...

続きを読む

前後の記事

新着の記事

年別アーカイブ